「東北地方太平洋沖地震」の被災者へのアレルギー配慮食品支援について | 太田油脂株式会社

「東北地方太平洋沖地震」の被災者へのアレルギー配慮食品支援について

 太田油脂株式会社(愛知県岡崎市、代表取締役社長:太田 健介)は3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震において、現地のアレルギー支援団体から要請があり、NPO法人を窓口とし、政府災害対策本部を通じ被災された食物アレルギーを持つ子供達に2,000食分のアレルギーに配慮した食品(MSシリーズ)を緊急支援物資として提供させていただきました。
 社員一同、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
<アレルギー配慮食品について>
 食物アレルギーの経験がある3歳児は5人に1人と言われており、この10年で2倍以に増えています。原因としてみられる食べ物で最も多いのは卵(71%)、牛乳(27%)などがあり、症状は皮膚の湿疹(しっしん)が9割をしめています。
 弊社ではこのような子供たちにも安心して食べられる、卵・乳製品を一切使用しない商品MSシリーズを展開させていただいております。

アーカイブ

maruta通販ショップ

2019年8月油の日(国産FB3本)
■毎日えごまオイル定期購入50%OFF
マルタのおやつ
毎日えごまオイル
marutaショップ通販